« 歌を忘れたカナリア… | トップページ | 作家 石牟礼道子 享年90歳 »

2018年2月12日 (月)

常滑焼の急須についてのお話

 本日は地域ブランド常滑焼の急須についてのお話です。とこなめ焼の急須とは古くは江戸時代より長き歴史と伝統を持つ日本を代表する焼き物の急須です。常滑焼の急須は酸化鉄を多く含んだ土で作るため使用時にお茶のタンニンと反応して苦味が取れまろやかなおいしい味が出ます。又、急須本体に合うふたを一個ごとすり合わせて作るため急須に良くなじみ気持ちよく使用して戴けます。急須は土味を生かしているため、使い込むほどに光沢を増し味わい深く変化し使い手になじんで来ます。使うほどに愛着が出てくるのです。常滑焼の急須で是非おいしいお茶をお上がり下さい。

|

« 歌を忘れたカナリア… | トップページ | 作家 石牟礼道子 享年90歳 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501500/66385780

この記事へのトラックバック一覧です: 常滑焼の急須についてのお話:

« 歌を忘れたカナリア… | トップページ | 作家 石牟礼道子 享年90歳 »