« 1月の虹 | トップページ | 白菜漬け成功 »

2012年1月29日 (日)

白菜漬け

白菜漬けかとさんと話をしているうちに何となくふつふつと当時漬けた白菜漬の感触がよみがえってきた。「確かにそれに勝るものはないよね!存分に食べられるし、何といってもおいしいもの!」「そりゃそうだ!!安あがりだろ、うまいことにゃあ違いねえしな」「楽しみだね」

ちょうど一週間前のこと、かとさんの家の前を曲がって松並木の細い道に出た時、太い松の根元に、かとさんが漬物用にうまく切ってワサワサ洗って並べてある白菜をその時のこの冬の日差しがうまい具合に水を切ってくれていた。「こうして家でつける白菜は、芯のところが甘くておいしいんだよねー」

かとさんの冬の日に干してあった白菜を見て触発された私は、2,3日かけてようやく白菜のタマを買ってきた。かとさんは2玉買ってきたと言っていたが、私は小さくて身のキュっとしまったようなのを3玉買って漬けてみた。うまい事にいつか使った漬物用のプラスチックの樽がそのままあるのが見つかった。シメシメ・・白菜3個300円と塩代で済んだということか・・

だいぶ水が上がってきたのを確かめて、日曜日の今日水がひたひたに白菜の上までかぶっているのを確認してから全部取り出し、うす塩を振って2度漬けした。それほどには食べられないことだろうから。その前にしょぱ過ぎて誰も食べてくれないかもしれない。かとさんは1度漬けしかしないと言っていた。毎年必ず漬けると言っていたかとさんに思い出したように何十年振りかに漬ける私がどう力んでもかなうはずがない。

かとさんは身体に少しだけ障害を持っていて、言葉もかとさんの気持ちになって聞かないと分かりにくいところがある。身体も不自由なところがあって、腰をひん曲げ、ひざも湾曲している。かとさんの家の前はいつもプランターに花が植えられ、苗の横には灰色の小さな粒の肥料が規則正しく置かれ、その苗たちは必ずや見事に美しい花を開いてくれる。四季折々咲く花はかとさんの愛情に思いっきりの姿で答えてくれる。

戻れない。私はかとさんに負けた。いや、偉大なのはかとさんのお母さんである。畳の部屋はいつもきちんと片づけられきれいに掃除されている。私は子供たちに何を教えてきたのだろう。何を躾けてきたのだろう。何も教えてない。何もしつけてない。何年経たことだろう。亡くなられたかとさんのお母さんが思い出された。偉大なお母さんであったことを今、かとさんが私に教えてくれている。

|

« 1月の虹 | トップページ | 白菜漬け成功 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501500/53857068

この記事へのトラックバック一覧です: 白菜漬け:

« 1月の虹 | トップページ | 白菜漬け成功 »