« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

静岡茶の新茶 贈り物

今、季節の贈り物、喜ばれる価値ある贈り物、それは勿論新茶の贈り物です。

温かい心の伝わる贈り物です。摘みたて初摘新茶の商品ご案内です。

2 100g 2100円の初摘新茶が100g入2本セットで価格は4200円です。(箱代込)

湯ざまししたお湯を急須に注ぎ、1~2分待って湯呑に注いでください。最後の一滴まで絞り切って下さい。おいしい新茶の味をご堪能下さいませ。[お断り 時によりパッケージ袋の柄が変わることがございます]

| | トラックバック (1)

静岡茶の新茶

15751静岡茶新茶の通販のご案内です。

100g1575円の新茶はコクがあり飲んだ後甘みが残ります。

新茶のおいしい入れ方のご案内をしましょう。

1、人数分の茶碗にお湯を注ぎ、湯ざましをします。
2、お茶の葉を急須に入れます。(目安として茶さじ一杯位が一人分)湯ざましした湯を急須に注ぎ、60秒くらい待ちます。(深蒸し茶の場合は30秒位でよいでしょう)
3、お茶を急須に均等に注ぎ、最後の一滴を絞り切ります。ここがおいしい所です。

季節の贈り物、新茶のふくよかな味と香りをお楽しみください。

| | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

診察日

りゅうちゃんが大きな手術をしたのは昨年の6月のことでした。おへその下の大きな傷も目立たぬくらい薄れてきました。

生後4か月から発熱を繰り返し幾度かの入退院を繰り返し、静岡こども病院で両側性尿路膀胱感染症の5時間に及ぶ手術を施してもらいました。先生方のおかげで術後は順調で、普通の一歳児と変わりなく成長しました。

4月24日は、術後10カ月経った接合した尿管の異常の有無を調べる検査の日でした。この検査は造影剤を投与して行う為麻酔剤を使うことが不可能で、等身大の痛みを受けることになる、先生の説明でした。おチンチンの先端から薬を注入し接合した尿管が正常である確認をするということらしいのです。

「あまりの痛さに子供はあらん限りに泣き叫び、そのために病院嫌いになる子供さんも当然います。ですから今回の検査は強制ではなくできればこの時に受けておいたほうが良いが、拒絶なさるお母さんもいます。」

4月24日を予約する前に、主治医から受けた説明でした。

当日、若い看護師さんは「大声で泣き続けても驚かないようにして下さいね。」親の緊張をほぐすように少し笑顔を向けて隣室に案内した。

5分経過し、10分たっても、泣き声は聞こえてこない。何か起きたのかと案じるほどにレントゲン室のドアが開き紅潮した頬にうるんだような眼で先ほどの看護師さんが出てきた。

「りゅうちゃんはふしぎな子です。少し痛いけれどがまんしようね。と言ったら、歯をくいしばって口をゆがめて、ママ・・・と言って・・あとは声をかみしめているんですよ。涙をにじませて。このような子供さんは初めてです。私たちのほうが切なくなってしまいました。」

「君は子供なんだから、泣きたい時は思いっきり泣いてもいいんだよ」主治医の先生のお言葉でした。

いい先生と出会えて、みーんなのおかげで、よかったね。りゅうちゃん。1歳9か月のりゅうちゃんの体験です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

粉茶のこと

知り合いから「お煎茶」を頂きました。有難くお心使い頂いたお茶なのに、普段常用している味と違いちょっとなじめない。そんな時お宅の粉茶を混ぜて飲むとコクがでておいしいんですよ。

粉茶もこのような使い方があったのですね。嬉しい限りです。
これは、お客様から教えて頂いた情報の一つで、粉茶の使い方のひとつです。

粉茶のお求めはこちらからもできます。

| | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

静岡茶の新茶 

005お待たせしました。今年の新茶が出来上がりました。気象条件にも恵まれすくすく育ったミル芽の新茶からは深い味わいが漂います。

| | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

新茶

新茶の季節となりました。
野山が新緑に包まれ、その命の躍動感にわくわくとしてきます。今年の新茶がどんな出来栄えになるか楽しみであり、落ち着かない日々になりました。

5月になると「田舎に送って下さい」と言われてハンダさんが訪ねてくれた。そのリストには、北海道や岩手、福島など住所が書き込まれていて、それは何年も毎年電話やFAXで確認された。

ある時、「新茶のおかげでふるさとと話ができます」と言われたハンダさんの言葉が忘れられません。楽しみな新茶季節です。

| | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

松崎町中川の桜

090408_027本日は絵描きの姉を誘って西伊豆巡りをしてきました。

春霞のべ-ルに包まれた山は賑やかなまでに踊り、中川沿いの桜並木はためらいながらも散り急ぎ、はらはらと風に舞うはなびらは静かに川面をなでているようです。

恋人でもないのに土肥の恋人岬まで走り、富士山を眺めて岬の鐘を鳴らしてきました。海上に浮かんだ富士山は偏光グラスでははっきり見えたのに、肉眼でもカメラレンズでもよく拾えませんでした。春霞のせいでしょうかね。

| | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

深根城のしだれ桜

023 本日は気になっていた深根城のしだれ桜を見に行ってきました。

澄み切った青空をバックにいま満開のしだれ桜が見事でした。

桜にはこの青空が一番よく似合う。

満足のひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »